宅地造成ページ | 横浜・川崎の新築一戸建て|分譲住宅・建売住宅なら一級建築事務所デックス

分譲物件リンク
youtubeリンク lineリンク

デックスの宅地造成

宅地造成現場

豊富な実績からなる、安全な宅地開発。

デックスでは優良で住みやすい分譲宅地を提供するために、設計、許認可取得、造成工事、建築工事を総合プロディースしております。
高低差のある物件や、100棟以上もの大規模な分譲地まで、豊富な実績で安心・安全な暮らしができる宅地を提供します。

宅地分譲実績

  • ディーズコート四季の街
    全93宅地 大規模分譲プロジェクト

    開発面積約3000坪もの大規模分譲地、横浜市神奈川区西寺尾。全93区画のこの分譲地では高低差をうまく利用した擁壁を配し、幅員6.5mの広々とした開発道路と提供公園を造成しました。高台の丘陵地ならではのしっかりとした地盤を活用し、安心安全の住宅地を提供しました。

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコート武蔵中原Ⅱ
    全22宅地 プロジェクト

    幅員6.0mの開発道路を設計、車両のすれ違いも楽々することができるように緩やかなスロープとし南傾斜の分譲宅地を実現。擁壁は化粧型枠によりデザインをプラスし、美しい街並みを演出致しました。屋外階段はプレキャストコンクリート階段という品質が安定した素材を採用しております。

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコート山手
    全25宅地 分譲プロジェクト

    美しさと一体感のある街並みを考慮した全25区画のゆとりある街区計画。 分譲地入口のデザインウォールやアーチ状に化粧を施した道路は、街並みに彩を持たせます。  イメージCGパースを制作し、素材厳選などデザインにもこだわり、おしゃれな雰囲気の分譲地を提供しました。

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコートあおば山の手台
    全33宅地プロジェクト

    元の地形をうまく利用し、緩やかな高低差の少ない全33区画を設計しました。6.5mの悠々とした開発道路と150㎡以上で区割りされた宅地が美しく並びます。擁壁に化粧を施し優雅な雰囲気を持つ分譲地を提供しました。

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコートセンター南
    分譲プロジェクト

    大型車両を並列駐車できる駐車スペース2台分のゆとりのスペースを確保しました。重厚感と彩を持たせる化粧擁壁で仕上げた全5区画の造成地です

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコートつきみ野
    全30宅地分譲地

    美しい区画配置で並んだ全30区画の大規模分譲地、公道からゆるやかな高低差があるものの、数か所の展開広場により車両のすれ違いにも無理のない分譲地企画により陽光の優しい日差しが差し込む宅地となりました。

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコート中山白山
    全83宅地分譲地

    全区画125㎡以上のゆったりした街並み分譲地を4つのエリアに分けることにより、ロット単位のコミュニティーが形成できるように配慮

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコート新百合ヶ丘4
    全55宅地分譲地

    この分譲地では、実際の図面から落とし込んだCGを使った動画を作成しました。図面からではなかなか読み取れない数値を映像で見ることができ想像が容易になることで、安心して宅地をお選びいただける環境を作りました。化粧擁壁なども街並みを華やかにする工夫の一つとして取り入れました。

    宅地造成ビフォーアフター
  • ディーズコート都筑ふれあいの丘2

    港北ニュータウンの全区画165㎡以上のの広大な土地。ぞれぞれに十二分な宅地があり建物を華やかにする化粧擁壁。全宅地2台分の駐車スペースを確保しました。開発道路5.5mの広々とした分譲地を提供しました。

    宅地造成ビフォーアフター

宅地造成のこだわり

  • 化粧擁壁

    擁壁全体に施すことにより、華やかな街づくりが可能になります

  • PC階段

    PC(プレキャストコンクリート)階段クラック(ひび割れ)に強く、工場製作のため均一で誤差が少なく安定感のある外部階段を採用しております。

  • 駐車スペース

    幅2.5m奥行き5mをベースとしており、大型車でも無理なく駐車できるスペース

  • 景観に配慮した道路デザイン

    道路にもデザインを加えて、一つの街並みとしての一体感を持たせます

  • 「宅地模型」をつくる

    図面の上だけでは想定できない、光や影、空気の流れさえも、設計に取り込まなければなりません。 その正解を探るための「物差し」。それが模型なのです。だから、デックスは、大規模な造成をてがける時、模型を置いて作業を進めています。

  • 電柱設置スペースの配慮

    擁壁の角を隅切りにし建物に邪魔にならない電柱設置計画をします

宅地造成とは?

住宅などを建設するために、その土地に必要な環境や機能を整える工事のこと。
切土・盛土・地盤の改良・道路や排水施設の整備など、土地の状況に応じて様々な工事が行なわれます。
宅地造成工事規制区域として土地の区域においては、都道府県知事の許可が必要。

宅地造成現場

宅地開発に必要な造成工事

造成工事は、宅地開発で大きな役割を担う工事です。
都市計画法や宅地造成等規制法といった法律が関わる分野なので、事前に内容を十分に把握しておく必要があります。

造成工事に関わる法律

造成工事は勝手に行っていいものではなく、法律に則って対応する必要があります。

都市計画法

都市計画法とは、計画的な都市づくりを行うための法律で、都市部の土地の利用方法について定められています。
宅地以外の土地を宅地としたり、特定工作物用の土地としたりなど、土地の区画形質を変更する場合は、都市計画法にもとづき、該当する都道府県から開発許可を得なければなりません。

宅地造成等規制法

宅地造成等規制法は、宅地造成に関わる工事の規制を行う法律です。一般的に傾斜地の多い地域にこの規制がかかっています。
切土で高さ2mを超える崖(30°以上の斜面)盛土で高さが1mを超える崖(30°以上の斜面・擁壁)が生じる工事を行う場合は造成主が許可を得ることになります。

宅地造成の流れ

宅地造成の流れ
宅地造成の流れイメージ図

デックスでは、宅地造成を含めて未来予想図を設計します。
地盤改良や擁壁工事の認可と常に行政監視下の元で、
お客様に安心を届けています。

東急田園都市線
現在物件はございません
JR南武線
現在物件はございません
Information